のれんにとうふ
水兵リーベ僕の泥舟
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裸馬取りー
んん

この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ

フフ

どうもダダンテです

いつにもまして適当な出だしでござっすな

おもいつきだけで書いてるから、めちゃんこになる

頭

最近なんだかカユイんですよ

だから、今回はゲボンとやっちゃおうかと思います

[READ MORE...]
スポンサーサイト
ついに外した
ここのところ、的中続きだった予想をついに外してしまいましたよ

昨日のR-1グランプリのことです
M-1もR-1も、ここ数回は優勝者をずばり的中させてきた僕ですが
(サンドウィッチマンのときも、誰が来るか分からない敗者枠に賭けて見事的中させたんだぜ!)
今回ついに外してしまいました

今回はバカリズムで間違いないだろうと、どでんと構えて見てました
実際、ネタも秀逸だったと思います、何しろ「つかみ」が素晴らしく
一発でそれまでの会場の雰囲気を変えてしまったじゃあありませんか
展開も良かったしね
それなのに残念!

順番の問題ですかね~
中山くんなんて、例えば3番目にやってたら優勝ありえなかったんじゃないでしょうか

今回、個人的に敢闘賞を捧げたいのは
山田よしとあべこうじですね
お二人とも、今回はとても出来がよかったと思います

やけに上から目線でえらそうなこと言ってますが
偉そうついでに、
「岸さん、そろそろ24ネタはおしまいにしようよ」

ん、今回はそんだけ~
バンコとカナヘビ
ジュワッチ!18!

永遠の18歳
ではない青年ダダですこんばんわ

この時期は道端をいろどる黄色のリレーに
季節が少しずつ春に向かっているのを感じますわい
ロウバイ、レンギョウ、サンシュユ
今はちょうどロウバイが枯れかかっている時期ですね
今年はやけにあったかいので気持ち悪くてアレですが
例年、厳しい寒さの中でロウバイが咲き、レンギョウが咲き
そして別名「春黄金」といわれるサンシュユが咲く頃になると
巷に春の陽気がモワモワと浸透してきて
僕達の下半身と妄想を刺激するわけですね
ハイ、最近下世話ばかりですんません

さぁ、今回は自分の幼少時代の話をしてみようかと思います

小学生低学年の頃、近所にバンコというあだ名の友達があって
当時の子供らしく外で一緒に駆け回って遊んでおりました
ファミコンの発売は1983年なので当時既に存在はしていたらしいけど
自分が低学年の頃には、持ってる子なんていなかった
ゆえに遊ぶといったら外で遊んでましたね

バンコはカエルやトカゲが好きで
アマガエル、モリアオガエル、アカハライモリ、ヤモリ、ニホントカゲ、そしてカナヘビ
そういった連中を捕まえてきて飼ってました
エサになる虫を集めるために、
登下校時でもいつでも虫籠を持ち歩いてるような子でしたね

すばしっこいカナヘビを捕まえるのが上手で
「見てみぃ、うろこがゴツゴツしてるやろ?ちっちゃい恐竜やで!」
カナヘビを小さな恐竜に見立てて、子どもなりに可愛がってました
今にして思えば、若干虐待みたいなこともしてましたけどね~

ふむ、ここでちょっと不安になってきた
まさかとは思うけど…「カナヘビ」知ってますよね?
余程寒いところ以外は日本中で見られるはずですよ

ウィキペディア-ニホンカナヘビ

わかりましたね?
これでも分からんという方は
大都会か、めちゃくちゃ寒いところに住んでるか
そうでなきゃ、よっぽど外に出ない子確定ですよ

前置きが長くなってしまいました
今回のお話はそのカナヘビとバンコのエピソードです

と、思ったけど
面倒臭くなったので、やめとこう
あはは~

あ、でもね
もし、カナヘビを飼ったみたいと思った方がいらっしゃいましたら
僕が伝授して差し上げますよ
「1000円でできるカナヘビ飼育セット」 presented by ダダ
どうです?興味ありますかい?

ん、そんなもん書かんでもいい?
さよか…


そうそう、話は変わりますけどね!
この前、牛丼食ったときに
僕は汁だくで注文した覚えなんてないのに、汁だくで出されたんですよ!
なんだてめぇ、俺に汁だくを食えってか?
ってなもんですよ、全く
僕は汁だくは好きじゃあないんだ
汁だく派の方には申し訳ないですけどね
僕は断固として汁だくには反対しますよ
船場の近くの某牛丼チェーン、2度と行かないからな!
ぷんぷん怒ってる!

[READ MORE...]
Hey Bobby
やぁ、こんばんわ

コンニチワー

うちの癒し系、デグーマウスの八ちゃんです
怒るとぷーぷー鳴くのがかわいくて、ついいぢめてしまう

困ったことに
最近TWに普通にインしてしまっております

ん

狩りでテチに囲まれてみたり

ハーレム?

クライベに参加したり

ケードロ

このクライベは、いわゆるけーどろとか、どろけいとか、ンドゥグとか言われるもので
まぁ、細かい説明は他の誰かがブログに載せるだろうからいいとして
なかなかに傑作なイベントだったと思いますぜ、楽しませてもらいました~

しぶとい某ゼリッピと、ベテランるしあん氏には苦戦しましたね
他の諸君は、この大ダダ様のブルドーザー式カードを前にして
ただカウントダウンを披露するだけでしたがな、ハッハッハ

なんて、PK雑魚の僕が言うセリフじゃないですね…
実際、大して活躍もしておりません

さて、追記の部分では話題を変えてみよう
少し、批判も混じりそうなので、気分を害せられたという方は
旨いもんでも食って、忘れてくださいな

[READ MORE...]
ジャックの豆むき
ふふふ

ヒヒ

どうもこんばんわ、ヒヒです

あ、ヒヒ違うわ、ダダでした

紳士、淑女の皆様、そして境界線上の方々

当リストランテの本日のお勧めはこちらです

・とうふの塩だらけ
・シュルストレミングの汁だけレミング
・銀の玉と鉛の玉がゴロゴロ入ったステーキ
・白鳥のクチバシに真珠をくわえさせたフランベ、見るだけよ
・オオカミの寝小便の夢のあと、ごわごわの毛をそえて
・透明なます
・生き写しのプディング


それはそうと、節分ですね
いろいろな行事が全国で行われるもんで
豆まき、腰巻き、太巻き
廃れかけているものに、
イワシのドタマを柊に結わえ付けるというよく分からない風習もありますね

僕の地元には伝統の「イワシのアタリ」というものがありまして
日ごろから頑丈を自慢にしている男達が集って
生のイワシをガツガツ食べるわけですね
そんで、見事に当たって全身じんましんがでた人は
その年を無病息災、来るべき春には青春の竹の子よろしく過ごせるというわけです

そして、太巻きなのであります
関西発祥とあって、こちらでは非常にさかんで
爺さん婆さんから、子供まで、みんなが太巻きをむしゃむしゃやる日でございますね
もちろんかわいい女の子も例外ではなくって
いかにも天津木村がネタにしそうな光景ですよね
まるかぶりだ
うちでは、太巻きなんぞに負けるのが悔しいので
かなり細めに巻いて自己満足としております、嘘です

節分の太巻きもいいですけどね
年中楽しんでいただける僕の細巻きでもいいという方
いらっしゃいましたら

ん、この記事アウト?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。