のれんにとうふ
水兵リーベ僕の泥舟
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上田現
去年の3月9日
ミュージシャン上田現氏が鬼籍に入られました

享年47歳、死因はカラシ蓮根を食したため…
ではなくて肺癌でした

ということで今回は
一日遅れの一周忌追悼記事としまして
上田現の残した作品を取り上げていこうという
そういう趣旨でございます

まず、ごく簡単な紹介をば

上田現

オフィシャルウェブサイト

元レピッシュのキーボード担当、作詞作曲編曲も手がけていた
レピッシュは80年代後半から主に90年代に活動していたバンドで
特に90年代前半には数多くのヒットを飛ばし、黄色い声援を受けていた時代もありました
その音楽性は後に言うミクスチャー的なもので
ポップ、パンクロックにレゲエ、ダブ、スカ、時には民族音楽まで取り入れた
当時の日本においてはまさにカッティングエッジ(?)なヤツらだったのです
ざっくりと括ってしまうと、英国のクラッシュや2トーン勢、特にマッドネスあたりの
影響をモロに受けたグループに入るわけですが
それだけにとどまらないオンリーワンなベクトルを備えたバンドでございました
その独特の歌詞やスタイルには言葉では表しにくいモノがあるけど
社会風刺、通俗批判(迎合する時も)、時に悪ふざけ
その辺が特徴だったんじゃないっすかね~

レピッシュを脱退してからは
ソロ活動とプロデューサー業を意欲的にこなし
元ちとせに提供した「ワダツミの木」を大ヒットさせたと書けば
今まで何の興味もなかった方でも「ほぅ!」と思われることでしょう

ここでは、彼について
あーだこーだと議論するつもりはありません
彼の音楽性を批評するだけの知識、言葉を持ち合わせていないし
逝っちまった男を、後になってからやいのやいの言うのはどうかと思う
ゆえに、
今回は彼の才気あふれる歌詞をメインに
あとはちょくちょく動画でも挿んでいこうかと思います~

ちなみに、めっちゃ長いです
というか、重すぎるか…

[READ MORE...]
スポンサーサイト
当てたらなんかください
ほい、いきなり今日の一曲

Grand Funk Railroad/ Nothing is the same


いよいよ
WBCが始まりましたね!

開催地のアメリカはどうか知らないけど
韓国や日本ではかなりボルテージが上がってきた様子

正直、期待しすぎというかメディアは煽りすぎじゃない?
って思うんですけど、まぁそういうもんなんですかね

はい、僕の優勝予想はというと…
始まってみて、少し様子をみないとなんとも難しいところ
単純に戦力だけで比較したって参考程度にしかならん
ドミニカと言いたいところだけど、あえて「クーバ」でいきたいと思う
あ、クーバってキューバのことね

ん?なんで日本じゃないんだって?
僕にはパトリオットのパの字もナショナリズムのナの字のかけらもないのです
まぁ、もちろん応援はしますよ

しかし、日本は2次ラウンドで敗退と予想
この予想が外れた場合、もしかした優勝もあるかもしれない
日本人ってのは、何かが吹っ切れるまでは本当の本気にはなれない傾向があると思う
前回優勝できたのは、一度死んだからに他ならないでしょう~
今回も同じような事が起こるとはちっと考えにくい

では、他のチームはどうだろうか

韓国…実力もありど根性もあるけど、五輪と連覇できるほど気合が続かないと思う
米国…きっと歯車が合わないよ、今回もね
ドミニカ…実力は十分、だけどなんとなく勝負への執着が弱そう

ということで、クーバなのです
前回WBC、五輪と惜しいところで涙をのんできた野球が国技のチーム
今回はやってくれそうな気がします

以上!

バイバーイ


余談、TWではMR破産中
175武器のMR高すぎじゃ!
くさめ
べぶしっ!

花粉症でクシャミばかりしてるダダです

最近、ブログの更新が面倒くさい~

けだるいですのぅ
あーうー
ん?
あぁ~
しんどくさいですのう

TWでは最近はイベばかりです
サブを動員してイベやってると狩る時間がないよ
レンジャー以外はそんなに欲しいわけでもないんですけどね
去年夢破れた、ゼリッピのインクリ強化だけは雪辱したいので
レンジャーは集めますよ~

まぁ、そんな具合なのでたいしたネタもありませんや
出たレアといえば175の鞭くらいですかね
でもこれ、MRして強化成功してアビもちゃんとつけないとモナよりも弱いんですよね
面倒だから売っちまおうかしら…
175

ふむ、追記ではまたダラダラとしょうもないこと書きます
[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。