のれんにとうふ
水兵リーベ僕の泥舟
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ、な、た、は、え、ら、も、な、い、じ、ゃ、な、い、で、す、か、
4月から生活圏が少し変化して、大阪はキタの梅田を毎日通るようになった
梅田には僕の大好きな揚子江ラーメンというラーメン屋があって
ここに週に一回は行く、
超あっさりな塩ラーメンで、多くの人は「物足りない」というけど
スープが何しろ味わい深く、あっさりなので9割がた飲み干す
ラーメンのスープなんて他の店ではちょいとすする程度だけど、ここは違う
食し終えた後の余韻がいい。しあわせ~

Love it


しかし、これは椿事でありますぞ
この僕が2連稿するなんて!
前の記事を書いた後、夕食の準備にはいったところで
ただいま味噌汁のだしをとってる最中なのです
昆布を水からじっくりと弱火で20分ほどかけて沸騰するまえに取り出し
沸騰したら、火を止めてカツオ君とすれ違いの純情で交代する

僕はシンプルにお豆腐・わかめ・ねぎのトリオの味噌汁が好きなんだけど
今日はお豆腐がないじゃないか
といわけで冷蔵庫を探っていたら、変なところで目がとまってしまった
パプリカ君の登場です、適当にトントン切って準備完了
パプリカの味噌汁なんて飲んだことないのでせいぜい楽しみだな!
ははは

さてさて、どうしてこんな風に記事を連投しているのか
答えはTWの臨時メンテでございますな
ということで、久しぶりにTWネタを書いていこうかと思います

[READ MORE...]
スポンサーサイト
いいえ すんだこと 時を重ねただけ
フハハハ
関西は我々マスク教団が支配した
メリケンではまったく相手にされなかったが
このジャポンという国に取り入るのは実にたやすいことであった

※マスクが遮断できる粒子はせいぜい5ミクロン程度のもので
ウィルスの大きさは10ナノくらいだとか
まぁ、それでもクシャミなどの水滴について飛ぶ粒子はキャッチできるので
効果がないことはない、まぁ国民性の問題でしょうね


[READ MORE...]
こんな夜に
大きく口を開いた割れ目やお尻の穴から瘴気のたちこめるものうげな灰色の裂孔地域、
この麻薬供給の辺境で色あせた絆創膏をいじりまわしながら、リーは悟った――

唐突に何を書いてんだと思われるでしょうが
これはいわゆるビートジェネレーション作家ウィリアム・バロウズの代表作
「裸のランチ」より「ラザロ帰れ」の出だしの部分です
僕のTWのペットは、普段連れている強打のほうが「ラスコーリニコフ」
たまーに連れ出す急襲の子の名前が「裸のランチ」なんですね
まぁ、それはどーでもいいことなんですけども…

ウィリアム・バロウズは散々麻薬をやったり妻を遊びで射殺したりしながらもしぶとく生き続けて
97年に84歳かな、それくらいの歳で死ぬまで晩年は割合幸せにくらしたそうです
人間の寿命っていうか天命ってのはわからんもんですね

僕の家の隣の土地を持ってる爺さんが最低の下衆頑固ひねくれじじいで
関わる人全てとトラブルを起こし、地元の「はよ死ね」ランキングダントツ1位なのですが
80を過ぎてまだまだピンピンしとります、困ったもんだ
それに比べて
敬愛する上田現や中島らもはあっけなくおっちんでしまいました
まぁ、らもさんの場合は不摂生の塊みたいな人だったけどねー
階段から落ちて死ぬなんてマッタクらもさんらしい話です

そしてごく最近ではやはり、清志郎さんでしょうね

合掌!

[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。